ガス・エンジンに着目し、これまでの車から大きく進歩しました

一八八五年ごろ、現在の車に近いガソリン自動車が誕生しました!

近代的で実用に耐えうるガソリン自動車の誕生は、一般的には一八八五年とされる。ドイツのカール・ベンツの発明した3輪自動車の完成が、八五年秋のことだったからである。そして生誕百年に当る一九八五年には、それを記念する企画が各国の多くの自動車専門誌にとり上げられた。だがそれは日本やイギリスなどでのことで、少くとも二つの主要自動車生産国は、この常識もしくは通説にしたがおうとはしなかった。それがドイツとフランスである。ドイツの場合、自動車の誕生の年を一八八六年としているが、それはベンツが3輪自動車の特許の申請をしたのが八六年一月二九日のことであり(ガスエンジンにより駆動される車両)。

また、ゴットリープ・ダイムラーのモトールワーゲン(4輪)の完成が一八八六年の冬のことだったためである。つまり、ダイムラーとベンツの両人に花を持たせるためあえて八六年を選んだといってよいだろう。だがフランスの場合は少し事情が異なっている。フランスでは一九九四年が、フランス自動車百年に当るとして、フランス自動車工業会の主催で大々的に祝われた。

百年前に現在24時間レースで知られるル・マンの街を走ったとされる(異説あり)4輪自動車の、オリジナルの設計図にもとつく精巧なレプリカが製作され、それはパリのグラン・バレーに年間を通じて展示された。この自動車の発明者は、ルーアン近くの綿紡績工場を経営する富裕な一家に生れた(一八五六年二月八日)エドアール・ドラマール・ドプットヴィルと、工場支配人のレオン・マランダンである。ドブットヴィルは発明の才に恵まれ、紡織機の発明などを行ったが、ガス・エンジンにも関心を示し、それを利用したかなり進歩した自動車(レプリカで見る限り)を作ったとされている。
愛車の売却の時に気になるのはやはり価格だと思います。コツとしては車 売るなら出来るだけ多くの見積もりを取るということですね。見積もりサイトで比較検討すると良いでしょう。


カールが一八七一年にマンハイムに移り、マンハイム・エンジニアリング社を設立してパイオニアの苦しみを味わっているとき、れているが、おそらくこの長距離ドライブの平均時速は一〇キロ弱と推定される。これは、当時の最も進歩した駅馬車のスピード(時速九・五キロ)と同レベルである。

とにかくベルタと二人の息子は、史上初の自動車旅行者となった。またベルタはこれまた史上初めての女性ドライバーということになる(ただし、実際にはこの旅行でハンドルを握っていたのは、ほとんど一五歳の長男のオイゲンだったという)。ベルタたちはフォルツハイムの祖母の家に行くつもりだったが、あまりにも疲れはてていたため、イスプリンゲン街の手近な旅館に泊ることにした。

新着記事
2013/10/08 注目記事を更新しました。
2013/10/04 新着記事を更新しました。
2013/10/03 ミュンヘン展示会を更新しました。
2013/09/30 ホット・チューブを更新しました。
2013/09/28 エンジンの生産を更新しました。
2013/09/26 巨大な資本が前提を更新しました。
2013/09/25 一八八五年ごろ、現在の車に近いガソリン自動車が誕生しました!を更新しました。
2013/09/22 ホームページをリニューアルしました。

注目サイト
プラスワンオートあらゆる車輌の買取SHIMA日本最大級の自動車専門サイト
事故車の買取、廃車引取りをしている会社のサイトです。見積り無料、スピード対応。あらゆる車輌を専門に買い取るシマ商会のサイトです。査定フォームもあります。日本最大級の中古車の買取・中古車査定ネットワーク。45秒だけであなたの愛車の相場がわかる簡単なオンライン査定です。